心がけることを知ろう

奥野高徳は如何にして成り上がったのか

>

才能と協力者との関係がカギ

まずは人を好きになること

その人個人に才能や能力があるからといって、社会的な成功は一人で成し得られるものではありません。
カリスマといわれる人であっても、協力者や仲間が必ずいるものです。
奥野氏も例外ではありません。
そうした人脈を築くことは、成功するための基本といってもいいでしょう。
社交的な性格かどうかは、人脈形成に大きな影響があります。
社交的でないから成功できないというわけではありませんが、関わる人が多ければ多いほど、チャンスの芽は比例して多くなります。
この点について奥野氏は、持って生まれたものと小さい頃から培われてきた社交力が活かされたのではないでしょうか。
それに、様々な価値観を持つ人と出会う事で、自身の成長にも繋がります。
人と関わることで、奥野氏自身も成長してきたという事でしょう。

相手の心理を刺激する

人は誰でも潜在的な能力を持っています。
その魅力をいち早く見つけて、相手に自覚させてあげることは、とても大切な事です。
そうした洞察力と会話力は、奥野氏にとって強力な武器ではないでしょうか。
相手がまだ意識していないことを指摘してあげる会話は、相手との距離がぐっと縮まる会話法の一つです。
また、相手の能力が活かせるように働きかけることができれば、結果的に自分の利益にも繋がります。
WINWINの関係、といいますが、まさにそうした人間関係が築ければ、成功への確かな布石になるはずです。
奥野氏は自分だけでなく、相手や周りの人間にとっても何が良いのか、能力を活かせる方法は何かを考えながらコミュニケーションしていって、成功を掴んだのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る